専門家による足関節アーチ構造まとめ!内側・外側・横アーチの構造と機能からリハビリを考える

Pocket

足部のアーチ構造って複雑ですよね・・

でもとても大切です。

何より人体が地面と接しているのは「足関節」なのですから。

ではその足部のアーチ構造を深く理解して臨床まで応用してみましょう。

 

足部アーチを構成する骨

基本的には足関節のアーチは3つ。

内側、外側、横。

横アーチを前後に分けると前方と後方。

  • 内側縦アーチ  踵骨、距骨、舟状骨、楔状骨、第1中足骨
  • 外側縦アーチ  踵骨、立方骨、第4〜5中足骨
  • 前方横アーチ  1〜5中足骨(前・後部)
  • 後方横アーチ  内、外、中間楔状骨、立方骨

これらの骨が足部のアーチ構造の基礎となる骨。

つまりこの辺りの骨についている筋肉を理解していれば臨床に応用できる( ´∀`)

 

足底の表層と深層の筋肉

足底に関しては表層と深層の関係性を理解することがポイントになる。

  • 1層:母趾外転筋、小趾外転筋、短趾屈筋
  • 2層:足底方形筋、虫様筋
  • 3層:母指内転筋、短母趾屈筋、短小趾屈筋
  • 4層:背、底側骨間筋

オススメの方法は3Dのアプリケーションで1つ1つ筋肉を剥がして層の構造を理解すること。

 

内側縦アーチの構造と評価

内側縦アーチで重要なのは?

足底腱膜>足底靭帯>ばね靭帯

内側縦アーチに関しては足底腱膜の貢献度が一番高い。

足底腱膜を切除すると内側縦アーチはどーんと下がってしまう。まずはこれを知っておこう。一度下がってしまった足底腱膜や靭帯を引き戻すのは難しいのでどうやってサポートするかが重要。

簡便なサポートに関してはインソールがてっとり早い。

しかも最近の市販のインソールの質はかなりGood。

オススメはシダスジャパンとリアラインインソール。

 

内側縦アーチを構成する筋肉

  • 長腓骨筋
  • 後脛骨筋
  • 母趾外転筋
  • 前脛骨筋
  • 長母趾屈筋
  • 短母趾屈筋
  • 長趾屈筋

簡単にいうと内側についている筋肉が内側縦アーチを構成する。

重要なのは解剖から考える筋肉の走行と触診技術!

上記の筋肉が短縮したり、滑走不全を起こしたり、筋力低下を起こすと内側縦アーチの機能不全が起こるわけです。

 

内側縦アーチが潰れると

  • 前足部に負担がかかる
  • 歩行立脚が不安定になる
  • 下腿への回旋ストレス(内旋ストレス)
  • 外反母趾につながりやすい

いわゆる扁平足っぽい感じの足になってしまうこと。すると前足部に負担がかかり外反母趾や前足部障害につながりやすい。

歩行で例を示すと「立脚中期」の不安定性が問題になる。

 

また、内側縦アーチが潰れが引き起こす疾患としては

  • シンスプリント
  • アキレス腱炎
  • 足底腱膜炎
  • 外脛骨障害
  • 後脛骨筋炎

などがある。

内側縦アーチの理学療法評価

画像評価が信頼性高い。。しかし臨床的にはすぐにできるものではない。

なので今回紹介するのは簡易的に臨床で応用できるもの↓

<Navicular drop test>

  • 荷重時と非荷重時の舟状骨の高さの低下を評価
  • 正常は6〜8mm
  • 異常は10〜15mm(下がりすぎが内側縦アーチの低下を示唆)

 

<too many toe sign>

  • 立位後方から足関節を確認した時に前足部の外転から複数の足が見える兆候

 

<徒手的な筋力評価>

  • 後脛骨筋のMMTを評価(足関節底屈・内反)

 

<つま先立ち>

  • つま先立ちした時に踵が外反したままで内反しない場合(後脛骨筋の機能不全を示唆)

 

外側縦アーチの構造と評価

 

外側縦アーチを構成する筋肉

  • 小趾外転筋
  • 長、短腓骨筋
  • 短趾屈筋

 

外側アーチが潰れると

  • 外側荷重になりやすい
  • 内反捻挫を起こしやすい
  • ストップ動作時に止まりにくくなる
  • 外側の圧が強くなる(第5中足疲労骨折など)
  • 歩行時に外側の動揺が強くなる

 

外側アーチは内側縦アーチよりも先に評価・治療しておこう!

なぜなら外側のアーチが構成されて初めて内側の縦アーチが機能するから。

 

 

外側アーチの理学療法評価

実はこれが確立した評価方法がないw

なので臨床的な吉田の視点としては

  • 立方骨を足底から触診した時に明らかに触りやすい
  • 立方骨部分に圧痛がある
  • 小趾外転筋の硬さが触診でわかる
  • 立位時に立方骨部分に指を入れると全く抜けない
  • 歩行時や片足立ちの時に外側の動揺が強い

などの所見があれば外側アーチ低下と捉えている。参考になれば!

横アーチ

 

横アーチを構成する筋肉

  • 長腓骨筋
  • 母趾内転筋
  • 後脛骨筋

など。長い間扁平足で横アーチが低下している人は足背部の皮膚自体も硬くなっているのリリースしてあげると良いっす。

 

横アーチが潰れると

横アーチの問題になりやすいのは外反母趾や第2〜4趾の中足部の負担。対策としては中足骨のアライメントを整えてアーチを正常化させることが大切。

母趾外転筋周りの軟部組織の癒着や内在筋の筋力低下が問題になりやすい。

合わせて読みたい記事

 

 

横アーチの理学療法評価

はい、これも確立した評価はありません。なので吉田的評価は

  • 非荷重時にすでにアーチがない
  • 中足骨、楔状骨部分を足底部分から押した時にアーチができる
  • フットプリントをとるor中敷の圧のかかっている部分を見る

などです。

 

足部アーチの治療について

まとめると

  • アーチは縦、横、内側・外側全て機能していた方が良い
  • 多くの場合はアーチが潰れて問題になることが多い

というわけでアーチを構成すれば良いんです!

ポイントは

  1. 外側→横→内側アーチの順で治療展開する
  2. 足部周囲の軟部組織のリリース
  3. 足趾トレーニング
  4. インソールでサポート

となる訳です。シンプルでしょ( ´∀`)

ぜひ参考にしてみください!!

→→動画で足関節の治療を知りたい人はこちらへ

Pocket