空腹「グ~っ!」は若返りホルモン分泌中!空腹音=アンチエイジングにも◎

Pocket

お腹が空いた時になるあの恐怖・・
「グ~~~っっ」
お腹からなるこの音に恥ずかしくなる人も多いだろう。
好きな人とのデート中ならなおさら。
そんな時はこう説明してあげよう!!

「これってね・・・若返るためのサインなの!」

そう。お腹がなることがお腹が空いているということではない。
お腹がキレイになり、掃除されて、若返りをしている途中なのだ。
つまりグ〜っで自動エステができちゃうということ!

グ~っとお腹がなるその理由

お腹が鳴るのは超健康になるための効果音だと教えてあげてください。
この音の正体は「胃の中空気を腸へ送る音」と言われています。
つまり消化活動が行われているよ~というサインなのです。
現代人は基本的には「食べ過ぎ」。胃と腸に常に負担をかけています。
食べ物を消化・吸収・排泄するまでにどれくらいの時間がかかるでしょう?

なんと18時間!!

食べ物の種類にもよります。消化の良いものであれば早いですが、肉のように消化に時間がかかる食べ物もあります。ほら、焼肉の後に胃がもたれて次の日だるいのは消化活動中ということ。
胃がカラッポになるには3時間で十分ですが、その後、腸での吸収に時間がかかります。
1日1回程度食事の間隔を18時間空けなければ、あなたの内臓は常に疲れているのと同じ状態です。お腹がなるということはしっかりと消化活動が行なわれているというサインなのです。

騙されない偽者の空腹感

実はこのグ〜という音にはダマシがあります。
本当にお腹が空いているのではないというダマシです。

1五感の刺激による食欲
よくTV番組で「あ〜美味しいそう・・・」と見ているだけでお腹が空きます。これは視覚による空腹。何かを焼いている音や美味しそうな匂いを感じるだけで食欲が湧いてグ〜っとなることがあります。これは偽者ですので安心してTVを閉じてくださいね。

2血糖値低下
血糖値が下がると「お腹が空いた」という勘違いをします。これはただ単純に糖が不足しているという合図です。甘いものを急に食べたくなる・・急激な食欲・・には注意しましょう。

3時間による習慣化
人間の習慣とは恐ろしいものです。1日3食を生まれた時から実践しているので、1回食事を抜くだけで異常にお腹が空いたような感覚に陥ります。あっ12時だからランチしなきゃ。あ朝だから食べないと。お腹は空いているかどうかや食べたいかどうかは二の次になっています。

お腹がなる=3つの「若返り」物質が動き出す

このグ~っという効果音にはさらに良いことがあります。
「成長ホルモン」「サーチュイン遺伝子」「アディポネクチン」という物質が分泌されています。効果は「若返り」です。


成長ホルモン
は細胞を活発にして肌のツヤを取り戻し、疲れまで回復させます。疲れにくい、集中力・やる気の増加にもつながります。

サーチュイン遺伝子に関しては老化原因を抑える最強のアンチエイジング効果ともよばれているスグレモノ。女性はすべての肌トラブル、男性はEDや薄毛にも効果があるとのこと。単純に食事量を30%減らすだけでも活性化するとも言われています。(さらにこの状態を7週間継続すると効果あり)

アディポネクチンは脂肪を燃焼させ、血管を若返らせる効果があります。「やせホルモンとも」呼ばれています。

ということでこの3つが分泌されると良いことだらけ!
お腹がグ〜となったら30分くらい待ってみることをお勧めします。
若返り物質をしっかりと身体中に出してあげてから食事をしましょう。
医師も監修している本はわかりやすいのでオススメです。

お腹を鳴らせる健康的な食事方法!

お腹をグ~っとならせるためには食事後に十分な時間を空けることが大切。18時間も空けられないという方は1日3食が頭に入っているからです。18時間空けるためには夕食~次の日の朝食の時間が狙い目。次の日の朝食を抜くことで18時間空けることができます。
朝食を抜くのが辛い・・という方は少しずつ量を減らしましょう。

段階としては

11日3食の量を徐々に減らす

2朝ごはんを少しずつ減らす

3週に1回程度朝ごはん抜きの生活をしてみる

など段階的に食べない習慣を身につけてみましょう。1週間もすれば人間の体は慣れてきます。
お腹がグ~っとなって体の中がデトックスし始めるとどうなるか?体が軽くなり、疲れにくく、エネルギッシュな1日を迎えることができます。

さてあなたもお腹をぐ~っと鳴らして超健康になってみませんか?

さらに健康に若返りたい人は下記リンクから↓

Pocket

The following two tabs change content below.
吉田直紀

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから