肩もみするなら「逆立ち」が効く!肩こりは家で治しましょ!

Pocket

小さい頃にやっていた逆立ち。大人になったら逆立ちする機会が減ってきました。世の中を逆さまに見る上でもオススメですw

というのはさておき。

人間の「健康」という意味でも一石何鳥あるかわからない逆立ち。

高いお金を払って1時間肩もみマッサージを受けている肩こりの人。。そんなことするなら家で逆立ちした方が早くよくなるよって話

肩こりの原因は筋肉が「伸びて弱くなっている」

これはいろんなところで書いてありますが。

 

多くの場合、基本的な肩こりは

 

筋肉が伸びきって弱くなっている状態。

 

だから肩もみマッサージをすると余計に筋肉が伸びて弱くなる。

 

その場だけは気持ちがいい。でも次の日のデスクワークからすぐに肩こりが再発。じゃあまた週末に整体行こう!みたいなスパイラルに陥る。

 

これじゃ一生変わりません。

 

その場の快楽を求めているうちは肩こりは良くなりません。そんな時間もお金も無駄なので、家でしっかり良くしましょう。

その方法が「逆立ち」です

 

逆立ちの効果

img_7556

じゃあ逆立ちってどんな効果があるの?

  • 腕の力がつく
  • 肩周りの筋肉がつく
  • 体幹の筋肉が刺激される
  • バランスが良くなる
  • むくみが改善する
  • 二の腕がすっきりする
  • 内臓が引きあがる
  • 脳に血液が回る
  • 全身の血液循環が良くなる

などなど。

まず逆立ちになることでいつも重力にさらされていた内臓が開放される。次に、足にたまっていた血液が重力によって上半身に移動する。現代人の圧倒的な筋力不足である上半身を鍛えられる。

これが主な効果。

普段かかっている体のストレスを逆にします。最初は辛くてなかなかできませんが、人間はなれます。1ヶ月もするとかなり楽になって逆立ちができるようになります。

 

逆立ちのやり方

でも逆立ちなんてできないよ〜という人がほとんど。

俺もできないっす( ´∀`)

 

まず最初は壁を使って、短めにやってみましょう。最終的には1分くらいできるようになると良いです!

いわゆる壁倒立。(壁壊さないように注意!)私も1日の最初は壁倒立でリフレッシュします。

 

逆立ちをして感じることが己の全て

さて最初に逆立ちをして感じることです。

  • まず足がうまく上がらない・・
  • 足の筋力が足らず蹴り出す力がない・・
  • 倒立できても腕がプルプル・・
  • 自分の体重の重さに悶絶・・・
  • バランス取れずに壁を壊す・・

など。

これがあなたの体の全てです。

そもそも体をコントロールできないのです。自分自身で。

それなのに相手に肩を揉んでもらおうとことする時点で怠けています。まず逆立ちが1分くらいできてから肩もみをお願いしましょう。

 

おそらくその頃には肩こりは改善しているでしょう。

 

逆立ちをしていると体が慣れてきます。最初はプルプルしていた腕も、慣れて体を支えられるようになります。すぐに頭に血がのぼっていたけど、慣れて楽になってきます。人間は慣れる動物なのです。

  • いつもデスクワークで肩が凝っている人。
  • ついつい固くなった肩を揉みほぐそうとしてしまう人。
  • パソコンばかりいじって首が痛くなっている人。

 

お金のかかる肩もみと無料でできる逆立ちどっちがいいですか?

毎日の習慣に「逆立ち」取り入れてみてください。

※血圧に問題のある人や体に不安のある方は控えるか、専門家に逆立ち見てもらいましょう

 

→やっぱりおすすめなのはプリズナートレーニングだ

→それでも丁寧にプロから肩こり改善動画がほしい人

Pocket

The following two tabs change content below.
吉田直紀

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから