面白医療セミナー!アイデアをやりたいで終わらせない方法!

Pocket

ども!

脳内アーティスト稲沼竣さんをお呼びして「アイデアをやりたいで終わらせない方法」という題でお話しをしてもらいました

 

Free PT salonというぼくのオンラインサロン限定でのセミナーなので公募はしてなかったので内容を簡単にシェアします^ ^

アイデアがでない人は3つのどの段階か?

  1. そもそもアイデアがでない
  2. アイデアがでるけどスタートできない
  3. 面白い企画スタートできるけど広まらない

 

あなたはどの段階にいるだろうか?ほとんどの人がアイデアがでない段階にいるはず。

大丈夫心配しないで

 

一からアイデアを作っていこう

 

ただ注意。アイデアは無価値。スタートしてから形に残せるかどうかがめっちゃ大切

実行するには「好き」を仮決定

なにかを実行するときに

 

「でも好きなものが見つからないんです」

「何が好きかわからないんです」

 

っていう人が多い。

 

でもこれは当たり前。好きなんてやってみないとわからない。まずはその行動を起こして好きを仮決定することから始めよ

 

特に若い人はまだ経験不足すぎる。そして選択肢がありすぎる世の中だから余計に。

 

まずは

  • ちょっと好きかな~
  • やってみたいな~

くらいで良い。

 

 

そしてあれこれ考える前にDoしよう。

 

Plan→Do→Check→AssessmentではなくまずはDoだ。

 

特に頭の良い人や理論武装して動けない人が多すぎるから。まず動く。

アイデアを作るためには余白が必要

 

アイデアを作るためにはいろんな刺激を受けて余白をつくることが大事

 

毎日同じ仕事・同じ時間・同じ場所にいることは刺激を減らして余白をつぶすことと同じ

 

まずは余白をつくって「何もしないを実行する」ことが大切

 

他にも旅に出たり、人に出会ったりすることもアイデアを生むためのきっかけになる

固定概念の壊し方

そもそも

今見ている自分の世界の小ささに気付こう

 

  • 自分にとっての常識は他人にとっての非常識になる
  • 自分にとっての星5は他人にとっての星1かもしれない
  • 自分にとっての白は他人にとっての黒かもしれない

 

これは同じ日本でもそうだし、年齢や性別、国が変われば概念がコロッと変わる

 

まずは自分の生きている世界の小ささを知ること。そして視点をかえて常識を眺めてみよう。

 

すると「あれ?変な常識だらけだな」って思う

そこに壊すチャンスがある。

 

アイデアからスタートまでの過程

  1. アイデアを思いつく
  2. 目的、ターゲット設定
  3. スケジュール決め
  4. 人に話しまくる
  5. スタート

文字で書くと簡単だが。

出来る人はほんの一握り。

 

多くの人が4までで終わる。スタートしない。でもアイデアは無価値でスタートを切るところから意味がある。

 

まずはスタートだ!!

「~~したいんだけど~。」

1年後には~~したい。」

なんてのは言い訳。

 

そんなのは言い訳している暇があったら行動をしてみよう。

恐怖・リスクはチャンス

こんな話をすると

 

「失敗したらどうしよう」

「怖い」

 

といった感情が湧き出てしまうのが人間。

 

でもね。

 

恐怖やリスクがあるときはチャンス。なぜなら自分の常識外に行く時の感覚だから。

 

だから恐怖やリスクを楽しむ。

それができれば怖いものなんてない。

 

自分から作る恐怖やリスクは楽しむ。他人から作られる恐怖やリスクは回避しよう。

仕事×表現

これが稲沼さんの面白いところ。稲沼さんの本職はデザイナー。

仕事に掛け算しているのが「表現活動」

彼の表現活動の数々

  • 1ヶ月ラブホ生活
  • Twitter 電車の旅
  • ボープランの旅
  • 全お会計をじゃんけんで決める

などなど

いずれも直接的に仕事には関係ない。でもね。その面白い表現活動をすることがデザイナーの仕事に返ってくる

 

表現活動でトンデモナイアイデアを実行するなにそれ?面白いえ?なにやっている人?デザイナーさんだ!デザイン頼んでみよう

 

つまり表現活動で人の目に触れる機会を増やしているわけ。しかもそれが面白い企画だからメディアもとりあげる^ ^

こりゃ、天才だイナヌマっさん!

 

メディアが取り上げたくなる企画

「やっぱり人脈が大切なんですよね」

 

え?いきなりふつうw

いやいや違います

 

普通は「人脈=すごい人」とつながっていることを主張する人が多いけれど。それは無意味。

 

もっと大切なのは

「あっこいつ面白いな!あっこいつやばいな!」って思ってくれる人がどれだけいるか。

 

うん。深い。

 

面白医療のまとめ

この企画をしたのは固定概念をぶち壊してアイデアをとりいれたいから。

 

正しい知識だけじゃなにも変わらない。人は動かない。

 

そこには今回話した稲沼さんのアイデアの出し方がすげー勉強になるんだ。

 

「面白い・ワクワクする・楽しそう」が人を動かす

 

アイデアは無価値・スタートして形に残してみんなに届いて始めて価値のあるものになる。さあ一歩踏み出そう!

 

サロンメンバーの興奮の声が呟かれていますわ↓↓

 

 

というわけで稲沼竣はアツイ脳内アーティストだった

もうセミナー出た人には説明不要だ。

稲沼さんはアツアツな人だ。

 

2018年2月末に「SHACASHACA!!」というランダムアプリケーションがでる。ランダムが世界を変える第一歩。ぜひダウンロードしてほしい。もちろん無料。

 

ちなみにSHACASHACA!!とはランダムで近くのお店を決めるという不確実なアプリ。

二次会をSHACASHACA!!で決めたところ・・

 

インド料理屋( ・∇・)

 

 

絶対二次会で選ばない場所!

 

でもうめええ!!ランダム最高( ^∀^)みんなありがとう!稲沼さんありがとう!!

 

稲沼ブログ→今マジになる!!

 

Pocket

The following two tabs change content below.
吉田直紀

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから