新事実!20分の有酸素運動はもうしなくても良い?

Pocket

夏に向かってダイエットや筋トレをしている人も多いハズ。

「ダイエットには有酸素運動でカロリーを減らそう!」

「有酸素運動は20分から行うべき!」

と思っている方に朗報。

なんと20分も有酸素しなくても大丈夫です。

その秘密は・・?

1分で充分!超効率的な運動方法

 

カナダの大学の研究において新たなことがわかりました。

同研究は、糖尿病などの慢性疾患の治療に関する、効率的な運動方法について調査をしたもの。短時間集中型の激しい運動(SIT)と、持久的な運動(MICT)、それぞれの効果を調べました。

普段からあまり体を動かさず座りがちな男性を対象に、運動しないグループと、SITとMICTを行う2つのグループに分け、週3回以下のワークアウトを実施。

・SIT:20秒間の全力自転車こぎを3セット

・MICT:45分のサイクリング

上記を、12週間にわたり観察したところ…。

結果は、どちらのグループも同様に代謝がアップ!SITは5倍低い運動量だったにも関わらず、MICTでした運動と同じ成果が得られたそうです。今まで何だったの!?と思わずツッコミを入れたくなりますね…。

ちなみにSIT、3分間の激しい運動を10回ほど行うと、150分間した時と同じ効果がありました。インスリン感受性が高まり、心肺や骨格筋の機能が向上したんですって。

とこのような研究で1分間の短時間の運動でも効果があることがわかりました。
今までの有酸素運動20分という説が少しずつ変わってきました。

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

加速的に筋トレする方法タバタトレーニング

さらに詳しくやりたい人は「タバタトレーニング」がオススメ。
立命館大学教授の田畑教授が開発した方法です。
方法は簡単。

トレーニング20秒
休憩10秒
これを8セット行うだけ。(週3回で効果あり)

 

合計4分で十分に効果があげられるタバタトレーニング。
注意点は一つだけ。
1つの種目を全力で行うこと。
腕立てなら腕立てを早く行う。。
懸垂なら懸垂をできる限りたくさん行う。。

これはかなり辛いです。
実際の動画はこちら↓↓

もっと詳しく知りたい人は書籍も参考に↓

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

タバタトレーニングの効果はダイエットの効果は多少ありますが
一番は身体能力の向上です。

自宅で簡単にできるタバタトレーニングの種目

私が実際お勧めする自宅でできる種目がこれ!

1腕立て伏せ

2スクワット

3腹筋(まっすぐ)

4背筋

5ランジ

6腹筋(ツイスト)

7その場ジャンプ

8太モモ上げ

これは自宅ですぐにできます。
器具も何も必要ないので、4分タイマーがあればできます。
大きな筋肉を使い、種目をなるべく均等にすることで
筋肉のそれぞれの代謝が上がり痩せやすい体になります。

 

ダイエットにおける筋トレと有酸素運動の優先順位

結論から話すと
筋トレが優先。次に有酸素運動。
理由は筋トレをすることで基礎代謝を上げ、次にカロリーを消費するために
有酸素運動を行うと良いです。
理想は朝に筋トレ。
こうすることで1日の代謝がグンっと上がった状態で生活することになります。

ただ筋トレの効果よりも早く出てくるのは有酸素運動です。
有酸素運動の量を増やすことで消費カロリーも比例します。
ダイエットに時間がないという方は有酸素運動を優先しても良いですね。
この本い世界一やせる走り方が書いてあります↓

世界一やせる走り方

Pocket

The following two tabs change content below.
吉田直紀

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから