プロフィール


自由な生き方をするフリーランス理学療法士 吉田直紀の簡単な経歴


FullSizeRender 10

自由な生き方をするカラダの専門家理学療法士 吉田直紀

1985年11月15日生まれ。千葉県柏市出身。

現在茨城県在住。施術やインソール作成だけでなく全国でセミナー講師・記事執筆・メディア運営なども行う。

このカラダブログも月間10PVヘ成長。ありがたやありがたや〜(^ ^)

<SNSはこちら!メッセージくださいね!>
→Facebook
→Twitter

 

教師を目指して18歳で大学進学。退屈な授業に一瞬で飽きてしまい1年半で大学中退。

アルバイトのスポーツジムインストラクターに明け暮れる。

その後理学療法士の専門学校に入学。病院でのリハビリやスポーツトレーナー活動をこなしていく。

 

しかし縛られることが嫌いな僕はこの業界の変な部分に違和感を感じ始めた。

  • 週末はセミナーで時間を削る
  • 家族との時間を削りながら患者さんのことを1番に考える
  • お金も稼げずボランティアに近い活動も行う
  • 外の社会と遮断されている
  • クリエイティブな発想が全くない
  • 医療という狭い枠組みの中での小さな争い
  • 同業界内での横の争い

 

僕はそんな業界にも働き方にも縛り続けられるのが心底嫌だった。

理学療法士の資格を取って一生涯病院で働き、週末はセミナー。家族との時間を削って身を削りながら働いていくのか?

そんなよくわからない不自由さが大嫌いだった・・

そして組織を離れてみたら1つの結論が出た


理学療法士はもっと自由な働き方と生き方ができるんじゃないか?


img_5884

1つの結論として

「理学療法士の資格を取って一生涯病院で働き、週末はセミナーに行って、家族との時間を削って身を削りながら働いていくのか?」

そんなことを思っている人に伝えたい。

 

外の世界に出てわかったことは本当の健康を手に入れている人は少ない。

そして理学療法士がもっとfreeに活躍できる機会や場所はたくさんありふれているってこと!

8年間病院やクリニックで働いていた僕は医療の世界を飛び出してみた。

 

まず僕はこのブログを育てた。webを使うことによっていろんな人に情報が拡散できる。

いろんな人と繋がる機会を作りたかった。

 

病院ではできなかった院外の人に接触することができるし一般の方との情報交換もできる。

ちなみに雑誌の取材やテレビの取材もブログから来たことがある。(NHK、日刊SPA、アプリケーション開発会社など)

そして現在では月間10万人に読まれ収益もPT半人分くらいは稼いでくれるメディアに育った。

経済的にも時間的にも安定したからさらに自由に活動ができるようになり活動を広げている。

などなど、たくさんの事業ができるようになった。

理学療法士の知識があればたくさんの人に価値提供できるはずなんだ。

 

そしてうまく方法を学んでもらえれば自分の時間や経済的な余裕もできる。

そうすれば多くの人に幸せを分けることができる。

 

だからそんな想いに共感してくれるセラピストに向けたsalonを作ってみた。

「自由に働き、自由に学び、自分で進む道を決めるセラピストが自立するためのSalon」

→Free PT Salon@(無料のLINE@は現在1000名突破)

これからの時代に必要なビジネスとPTの知識・技術を学び、自立できるように最大限支援してます。


今やりたいことは・・病院に行かない文化を作るコト


自由になった今やりたいことは・・

「ケガを病院で受身的に治す時代から自ら予防できる時代にしたい」

僕は病院にいた時から「違和感」を感じていた。

病院に行かない文化」を作れないかな?っと

 

そもそもケガや病気をしたあと、病院に行って治すまでは時間もお金もかかる。治療も複雑になる。

だったらもっとシンプルでいいんじゃないかな?

 

カラダの使い方を小さいウチから知っておく・体験しておく。

それが親や子供、世代を通して受け継がれたらもっともっと医療が楽になると思う。

カラダにおける知識は資産だと思う。

だから僕が生きている内に伝えられることが伝えておきたい。

 

家族にも、友達にも、周りの仲間にも、おじいちゃんやおばあちゃんにも、子供にも。

全ての人のカラダが健康でより良い人生を送れますように・・

 

→施術・トレーニングのお問い合わせはこちらから

 


改めてご挨拶


ここまで読んでいただきありがとうございます

今思っていることは3つ!

  1. 自由に気ままに組織や企業に囚われないで生きていくセラピストを増やす
  2. 仕事だけでなく家庭もプライベートも両立する
  3. 病院に行かない文化をつくる

 

まずは自分を経済的にも時間的にも満たす。

自分が満たされてから他人を満たすことができるから。

 

そして、多くの人が病院に行かないような文化を作りたい。自分の体に責任と知識を持って対応できる流れを作りたい。

 


【メディア】


お気軽に申請ください!(なるべくメッセージください!)

→Facebook(結構真面目に投稿)

→Twitter(考えていることや頭の中をつぶやき)

 →Youtube(カラダムービー。健康に関するエクササイズや知識の共有)

→LINE@(セラピスト向け)(限定動画やコラム配信)

 

【経歴】

2008年~ 大学病院でリハビリテーション部へ勤務 様々な疾患に対応
2009年~ スポーツ整形外科クリニックで勤務
千葉県高校バスケットボール部トレーニングサポート
2009年~ いちはら病院 茨城県スポーツ医科学センターで勤務
2013年~ 茨城県高校バスケットボール部トレーナー(全国大会出場)
2014年~ 筑波大学陸上選手パーソナルトレーニング(インカレ出場)
2015年〜   茨城県高校野球部トレーナー、プロサッカー選手パーソナルトレーニング
2016年〜 トータルボディメイクつくばにて施術・ピラティス・インソール実施
フリーランスとして人々の超健康をサポート!!
2017年〜 Free PT salon立ち上げ、NHKテレビ取材協力、自由大学講演、パーソナルピラティス、つくばネット掲載、他メディアへの記事執筆などなど

【取得資格】

  • 理学療法士(国家資格)
  • JARTA SSランクトレーナー
  • PHI ピラティスマットI・II、プロップス、バレル、チェアインストラクター
  • NLPプラティショナー
  • LAB profile プラティショナー

【現在職務】

  • トータルボディメイクつくば(施術・ピラティス・インソール作成)
  • JARTA認定講師
  • カリスマメディア記事執筆
  • みんなの介護記事執筆
  • ファーストシップヨガ解剖学講師
  • Free PT salon 運営
  • つくば読書会 運営
  • 自由大学 「オトコの姿勢学」 ゲスト
  • デザイナー

 

【講師活動・セミナー活動・その他活動】

img_7087

<2013年>
1月
つくばスポーツリハビリテーション研究会
「ACL患者における骨盤・股関節・足関節の傾向」
6月
ハンズオンセミナー
「臨床で使えるMMTとROM」

<2015年>
10月
リアル臨床2015「スポーツ選手に必要な雑巾理論」

<2016年>
2月関東ミニラグビー指導者講習会 トレーニング講師

5月ADVANCE主催「スポーツトレーナーにおける臨床と思考」
TBM education 「スポーツにおける運動連鎖」

6月JARTA主催「JARTAテーピングセミナー〜足関節〜」(東京・大阪)

7月TAP UP TV「怪我をしにくいスポーツ選手の体」

8月TBM education 「スポーツと運動連鎖〜実技編〜」

9月TBM education 「ヨガとピラティスの臨床応用」
カリスマメディア記事掲載開始

10月JARTA 「JARTAテーピングセミナー〜足関節〜」(東京・大阪)
リアル臨床「理学療法士になって何がしたい?」

11月TBM education 「みっちり足関節5時間コース」

12月TBM education 「みっちり膝関節5時間コース」

<2017年>

1月TBM education 「股関節みっちりコース」
自由大学講義「オトコの姿勢学」

2月TBM education「体幹レベル1みっちりコース」

3月TBM education「体幹レベル2みっちりコース」

4月TAP UP TV発表「スポーツ選手に必要な股関節機能」
JARTA international「足関節テーピング」in福岡
TBM education 「肩関節レベル1みっちりコース」

5月JARTA international「足関節テーピング」in名古屋
TBM education 「肩関節レベル2みっちりコース」

6月TBM education「ピラティス×理学療法」(PHI pilates JAPAN代表 桑原先生とコラボセミナー)

7月TBM education「足関節みっちりコース」

9月TBM education「膝関節みっちりコース1」「動作分析と運動療法」

10月リアル臨床1日目第3位「体幹を変える3つの運動療法」
TBM education「膝関節みっちりコース」「股関節みっちりコース」