GOMESSという本物のアーティストと音楽を。その裏側を伝えたい。

Pocket

どうもです。

 

先日N-festaという100名規模のイベントを開催し、特別ゲストにGOMESSさんをお呼びしました。

 

GOMESSさんとメールしたり、話をしたり、ライブを聞いたり。直接やりとりしていました。

 

だからその裏側も全て伝えます。というか。

 

GOMESSさんをもっと知って欲しいから伝えます。

 

最高にかっこいいアーティストだってことを。

 

GOMESSさんって??

自閉症と共に生きる、文学的フリースタイルラッパー

1994年9月4日生まれ / 静岡県出身。
第2回高校生ラップ選手権準優勝。自閉症と共に生きるラッパーとして注目を集め、自身の生き様を歌った楽曲「人間失格」、「LIFE」は表現者として各所で評価される。
NHK Eテレの「ハートネットTV:ブレイクスルー File.21」で特集され、ラップに向き合う姿勢、リアルな日常が切り取られ、視聴者に衝撃を与えた。

また中原中也の詩「盲目の秋」を朗読カバーし中原中也記念館で楽曲展示されるなどポエトリーリーディングでも才能を発揮する。2015年、民謡を唄う朝倉さやとのコラボ楽曲「RiverBoatSong」を収録したのアルバム「River Boat Song-FutureTrax-」が第57回日本レコード大賞企画賞を受賞するなど、ジャンルを超えた数多くの表現者との交流/共演を多くこなし、GOMESSは新しいカルチャーとして確立し始めている。

 

 

と。公式サイトから引用しましたが。

 

 

文章だけじゃ伝えきれないアーティストです。

 

 

とにかく彼のその場でしか生まれないフリースタイルが大好きで、最高に心に響くんです。

 

 

 

 

Aqua TimesさんやSEKAINO OWARIさんとも共演しています。

 

 

GOMESSさんを呼んだきっかけはTwitter

全てはこのツイートから

 

このツイートをみた瞬間にすでに体は動いていた

 

 

 

まだN-festaで100名集まるなんて決まってないのに。(この時10人だった)

 

 

 

それでも体は止まらない↓

 

 

 

もちろんツイッターでもすぐに連絡

 

 

こうなると吉田は止まらない。

 

祈るように願った。

 

そして願いは通じた。

 

 

返信メールはすぐに来た

 

 

 

まじか

 

GOMESSさんからメール来た

 

夢かと思った

 

 

顔を3回叩いた

 

 

いや嘘じゃない・・ホントだ

 

 

GOMESSさんがくる!!!!

 

N-festaとGOMESSさん

出演が決まった事後報告でTBMの唐澤さんに伝えた。

 

オレ:「GOMESSさんの出演が決まりました!!やばいっす!!!!!!」

唐澤さん:え?だれ?え??なに?どうするの??

 

 

そう。唐澤さんが混乱するのも無理はない。だってN-festaは医療のイベント。音楽との関係性がない。

 

 

 

しかもGOMESSさんの出演が決まったのは2ヶ月前。直前すぎた。

 

 

もともとのN-festaの構成に全くライブの要素はなかった上に直前すぎるスケジュールの変更。完全に破天荒なアイデアだった。

 

音楽と医療??どうすりゃいいの??というのが普通の人の発想だろう。

 

 

でもそんなの関係ない。なかったら作ればいい。GOMESSさんが最高に引き出されて、しかも医療とかけ算ができるように。

 

 

自閉症であるフリースタイルラッパーのGOMESSさんと医療。絶対化学反応が起きる。そう強く信じていた。

 

 

それでもGOMESSさん単独ライブではない。

 

だからGOMESSさんを知らない人がたくさんくる。それでも大丈夫なのかという不安は少なからずあった・・・でもそれは一瞬で吹き飛ぶことになる。

 

会話の中で話したGOMESSさんの裏名言

これは俺がGOMESSさんとのやりとりで。

 

うわぁすげーって感動した言葉です。

 

話のなかで聞いた言葉なので、多少はズレがありますが。自分のできる範囲で忠実に再現しています。

1言葉は空っぽの入れものです

「言葉は入れモノです。空っぽの入れものです。そこにどんな感情を込めるかが大事です」

 

同じ「ありがとう」や「ごめん」でもそこに入る気持ちによって意味が変わる。だから言葉は空っぽだと。深すぎる。。。

 

2いいアーティストって?

「いいアーティストって。その表現によって誰か1人、自分自身や他人でもいいんだけど。良い気持ち、良い感情に一瞬でもしてくれる。そういうアーティストがいいんじゃないかな。」

 

オレこれ聞いた時にぞっとしました。深すぎるしかっこよすぎて。

 

3誰も傷つかない歌にしたい

「僕はCDでは柔らかく歌います。ライブでは激しく歌うことが多いです。なぜそうするか?CDを聞いて好きになってくれた人にはライブのような激しさをぶつけても大丈夫。でもいきなりCDで激しく歌うと誰かを傷つける。ぼくは誰も傷つかない歌を歌いたいんです。」

実はフリースタイルダンジョンのことも少し聞いたのですが。

GOMESSさんはめっちゃ優しい人なんです。

謙虚で優しくて。それが歌になる。

誰も傷つかない歌になる。ホントにリスペクトです。

 

4全力で臨みます

 

メールのやりとりの一部です。

最後の一文にオレは感動した。

「どちらの形態であっても、全力で臨みます。」

 

このプロ魂。そして今も全力で挑戦しているという言葉。

最高に震えました。

 

ライブ直前のGOMESSさん

  • N-festaというイベントはどんな人が来るのか
  • 曲の構成はこんな感じでどうですか
  • 資料を見て参加者と話してイメージを掴み
  • リクエストを聞いてくれたり

 

そんなやりとりをしていて。

 

なんて繊細に音楽を作る人なんだ・・って思った。

 

しかも今回のセットリストには未発表曲も含まれている。。。

 

そしてこのセットリストの構成が最高すぎた。

 

1曲目から最後まで。全てがつながり、ストーリーになっていた。

 

GOMESSさんのライブはケタ違いだった

N-festaの懇親会に集まったのは70名以上

 

おそらく多くの人がGOMESSさんのライブや歌を知らない人ばかり

 

大丈夫か?伝わるか?GOMESSさんのラップがどれくらい響くか?

 

 

そんな不安は数秒で吹き飛んだ

 

 

黙々とライブの準備を進め

いざマイクを握り

GOMESSさんの声が会場で響いた瞬間

 

 

 

70名のハートが一気につかまれた

 

 

いや・・もぎ取られた

 

 

みんなの食事の手は止まり

雑談するものもいない

目も耳も体も全てGOMESSさんに注がれる

GOMESSさんの空間になった

GOMESSさんの歌は

優しくて

音楽のメロディが繊細で

柔らかくて

感情を解き放つ力もあって

一瞬で人の心を掴んで

その瞬間から離さない魅力があって

 

ケタ違いだった・・・

 

 

今まで聞いたどんなアーティストよりもかっこよくて感動的な歌と詩を奏でてくれます。

 

ただただ圧倒的でした・・・

 

GOMESSさんのライブの反響・・

それはもうすごかった。。

 

どれだけの人が泣いたのか

 

どれだけの人が心を奪われたのか

 

どれだけの人が救われたのか

 

どれだけの人の感情を突き動かしたのか

 

 

 

 

 

もう言葉じゃ伝えきれないです

 

GOMESSさん本当にありがとうございます。

 

GOMESSさんの言葉は深く深く突き刺さりました。

 

そしてこの写真は家宝にします。

 

 

いつまでも応援しています。最高にかっこいい詩人であり音楽家でありラッパーでありアーティストでした。

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.
吉田直紀

吉田直紀

フリーランス理学療法士!「病院に行かない文化をつくる」がモットー。つくば・代々木で施術・トレーニング・ピラティス・インソール作成!!年間600人の専門家指導/月間10万PVメディア/さらに詳しいプロフィールはこちらから