簡単!3つに絞る姿勢評価!姿勢からわかる筋バランスとは?

Pocket

新人のセラピストや学生からの悩みの1つ。

「姿勢分析がよくわからないです。。」

学校で姿勢時代は習うがうまく臨床に生かすことができない。

そんな悩みを解決しましょう。

姿勢評価をシンプルにかつわかりやすく3つの分類に分けることが大切!

その方法とは?

姿勢分類を大まかに3つに分ける

ヒトの姿勢を大まかに3つに分けましょう。

スクリーンショット 2016-05-05 5.35.46

3つの姿勢に分けることで筋肉のバランスを大まかに
分けて知ることができます。
もちろん綺麗にわかれない場合もあります。
脊柱がflatbackだけど骨盤は前傾している・・など

ヒトによって姿勢はバラバラですが。
あくまでも大まかに3つに捉えることが
シンプルに理解するポイントです。
姿勢により弱くなりやすい筋肉と短縮しやすい筋肉が
ある程度わかります。

1Kyphosis-Lordosisi

スクリーンショット 2016-05-05 5.35.48

脊柱の彎曲が強い姿勢です。
この姿勢の特徴としては
頚椎と腰椎の過剰な伸展。

2Flat back

スクリーンショット 2016-05-05 5.35.50

特徴は脊柱が平坦。
背骨の湾曲がないため腰へのストレスが加わりやすいです。
特にヘルニアになる人はこのような姿勢が多いですね。

3Sway back

スクリーンショット 2016-05-05 5.35.51

Flatbakよりも頭が前方変位して腰椎が前傾か中間気味。
このような人は肩こりや頚椎疾患になる人が多いです。

まずはこのように3つの姿勢に分類して筋肉のバランスを
頭の中に入れておきます。
こうすることでROMやMMTを評価する時の
重要なヒントになります。

姿勢評価をする6つのポイント

では姿勢をさらに細かく評価するためにはどんなことが必要か
大切なのは骨の触診と視診です。

1頭部の位置(耳垂を目安)
2肩峰の位置
3肩甲骨の位置(下角の位置、回旋の程度)
4脊柱の触診(棘突起を順に触る)
5ASISとPSISの位置関係(骨盤の前後傾の確認)
6全体から見た時の下肢アライメント

注意としては
姿勢に正常と異常という概念を取り入れないようにしましょう。
姿勢が悪い=悪ではありません。

歪み(ゆがみ)と左右差ってどうなの?

これもよくある話。
「この人歪んでいますね。。。左右差が大きいですね。」

人間左右対称の人はいません。
内臓も左右で異なり、科き手・足・目があり
生活スタイルも全て違います。
だから左右対称で歪みがない人はいないのです。

歪みと左右差に問題が関係しているのであれば
そこは評価するべきです。
弱化している筋肉は強くして、短縮している筋肉は
ストレッチをすることで姿勢は変化していきます。

姿勢の治療にはストレッチポールが効きすぎる

このストレッチポールの効果は本当に高いです。
簡単で、誰にでもできて、効果が高い。
私も病院で使わない日はないくらい。
スクリーンショット 2016-05-05 6.00.37

⇒LPN正規品 ストレッチポールEX 

 

使い方はこんな感じです。
誰でもできます↓

 

ぜひ臨床でも自分のセルフエクササイズとしても使用してみてください。

 

→もっと詳しく知りたい姿勢評価の記事はこちら

Pocket